RealWorldCycling社製 シマノ HT2用セラミックベアリング購入顛末記2

海外通販で直接 ENDURO FSより購入し、7/8に入手したセラミックベアリングのインストール状況と試走した結果を書きたいと思います。

 【インスタレーション編】 

①今回購入したアップグレードキット(photo1)
セラミックベアリング×2
シール大×2
シール小×2
シールは変形し易いので取り扱い注意

<Photo1>                    
画像


②今回購入した工具BRT-001(photo2)
  ベアリングの取り外し、圧入に使用

<Photo2>
画像


③自転車に取り付けてあるシマノ HT2 BBを取り外す
  工具:シマノ TL-FC33
  注意:この工具は引っ掛かりが浅いので外れやすい。手を添えて外れないよう注意しながら作業を行う

④取り外したBBから純正ベアリングを外す(Photo3)
  工具:ENDURO BRT-001
  注意:使用方法は同梱の取説参照(英文)

<Photo3>
画像



⑤BBを洗浄
  ケミカル:パーツクリーナー(エーゼット製)
  注意:純正ベアリングを外した後、グリスや緩み止めが付いているので、完全に取り除く

⑥このまま取り付けても良いのだが、折角なのでセラミックベアリング内のグリースを入れ替えるため
 シールドを外す(Photo4)
  工具:携帯ナイフの爪用ヤスリの先端部
         (参考:サイクルベースあさひ殿のセラミックスピードのBBのページ)
  注意:シールドは変形し易いので無理に外さない

<Photo4>
画像


⑦はじめからセラミックベアリング内に入っているグリースを洗浄
  工具:歯ブラシ
  ケミカル:パーツクリーナー(エーゼット製)

⑧マイクロロン処理
  工具:ドライヤー、放射温度計
  ケミカル:マイクロロンタルトリートメントスプレー
  注意:マイクロロン処理は60℃以上
      マイクロロン処理の詳細はは諸先輩の方々が貴重な体験をネットにアップされていますのでそちらを参照願います

⑨グリース充填(Photo5)
  工具:塗料拡販用パレット(百均で105円) 容器からグリ-スを取り出すのに使用
  ケミカル:ACORバイクグリース
        (現時点で自転車用として市販されているグリースの中でいちばんやわらかい)
  注意:容器内のグリースに直接指を入れたり、汚れた工具等を入れない
      ベアリング内やグリース容器内にゴミや砂が混入しないよう、砂や埃の無い室内で作業を行う
     セラミックベアリングにはフッ素グリース(SUMICOのF932M・No.1やフォンブリン、DupontのクライトックスGPLグリース等)が良いらしいですが、非常に高価なので、ACORバイクグリースにチャレンジ

<Photo5>
画像


⑩シールドをもどす
  注意:シールドが完全に元の場所にもどっていないと抵抗になるので、最後に爪の先や先端が角張っていない工具等で変形させないよう注意して押して、確実にもとの場所に収める
      シールドの表裏に注意

⑪BBにセラミックベアリングを圧入(Photo6)
  セラミックベアリング外周に緩み止めのため ロックタイトはめ合い用低中強度品668でも使おうかとも思ったが、試走してみて緩むようなら次回考えることにし、今回は何もせずに圧入した
  注意:使用方法は同梱の取説参照(英文)

<Photo6>
画像


⑫BBのネジ部に固着防止剤を塗布(Photo7)
  ケミカル:ロックタイト シルバーアンチシーズ

<Photo7>
画像


⑬BB取付(Photo11)
  工具:シマノ TL-FC33、トルクレンチ
  注意:この工具は引っ掛かりが浅いので外れやすい。手を添えて外れないよう注意しながら作業を行う
  締付トルク:35~50Nm(シマノ取説)

<Photo11>
画像


⑭防塵、防水用グリースを塗布し、シールを取付(Photo8)
  ケミカル:ROCK 'N' ROLLRSuper-Web Grease(ENDUEO指定品)
        粘度が高いのでフリクションロスになりそうなので次回は別のものにしようと考えている
  注意:シールの表裏に注意

<Photo8>
画像


⑮クランク取付(Photo9)
  工具:シマノ TL-FC16 5mm六角レンチ
  注意:シマノ純正品はクランクのキャップをTL-FC16で思いっきり締めても回転が渋くなるようなことはなかったが、今回のベアリングは思いっきり閉めると回転が渋くなるので、クランクのがたが無くかつ回転が滑らかになるよう締め加減を調整してクランクを固定した(ハブやステムの調整と同じ要領)
  締付トルク:キャップ 0.7~1.5Nm(シマノ取説)
         クランク固定 12~15Nm(シマノ取説)

<Photo9>
画像



 【試走編】 

・近所を30kmほど試走(Photo10)。
・クランクの回転は見た目でわかるほど軽く回るようになった。
・実際の走行でも同じ力で交換前よりリアギア1枚分重いギヤが踏めた。
・試走後、クランクの回転が渋くなったり、がたの発生はない

                          <photo10>
画像



 【今後】 
・上記⑭の件が気になるので、1000kmぐらい走行後、ばらしてベアリング内に充填したグリスの状況確認とベアリングの再圧入、防塵、防水用グリースの変更を実施予定

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

小径車のり
2009年12月20日 21:15
はじめまして。enduroのセラミックベアリングを検索していてたどり着きました。
ディープな内容に感服しております。
ところで、私もenduroのサイトでセラミックグッズを購入しようと思っているのですが「カートに商品を入れる」、「国指定」、「郵便番号を入力」→「ページの更新ボタンを押す」とここまで進むと、「unable to determine rate」と出てしまいそれ以上先のページに進むことができませんでした。郵便番号の指定でつまづいてしまいます。頭3桁、3桁‐4桁、ハイフンなしの7桁などどれを試しても同じでした。
管理人様はどのようにされたのかお教え願えますでしょうか?お手数ですがよろしくお願いいたします。
管理人
2010年01月11日 20:50
小径車のり殿
コメント深謝いたします。
長期出張で返信できず、ご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんでした。
さて、お問合せのけんですが、入力時特にトラブった記憶がありません。
enduroからの注文確認メールを見ると3桁‐4桁半角で入力したようです。
それから、注文は英語のページで行った記憶があります。
お役に立てず申し訳ありません。

この記事へのトラックバック